サンドラ母子を支える会 ブログ版


by sandra_support
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:メンバーから( 12 )

ぬくもり

これまでご協力いただいた皆様 ありがとうございました。

「三人分だけだけど・・・」 (いえいえ 決して“だけ”ではありません)
「がんばってください!」「応援してます!」 (心強い限りです) 
などなど ご署名に添えられたメッセージに感謝しながら

転送されて次々広がっていくメールが
まるで 人間のぬくもりを次々に広げていく波紋のようだと。
あたたかな気持ちになりました。

署名は 1月7日を第一次の集約期限としておりましたので
ただいま事務局でとりまとめている最中ですが
引き続き お声がけ・ご協力のほどお願いしたいと思います。

カンパの方は 会計報告をUPしました。
帰る場所がある、ということは彼女達にとって強く精神的支えになるはずです。
それが維持できたのもこの資金があってこそです。ありがとうございました。
みなさまからお預かりした大切なお金なだけに
定期的にきちんとご報告させていただくつもりでおりますので
ぜひこれからもサンドラ母子をご支援くださいますようお願い致します。


それにしても今年は例年以上に寒さの厳しい冬です。
あなたのその気持ちが ほかの誰かの心をあたためていく。
たとえひとつひとつは僅かなぬくもりでも それは思いのほかあたたかくて。
それが愛しく思えるのは 寒さのせいだけではないですよね?
Reiko.t @SANDRA

署名・募金集約先
[PR]
by sandra_support | 2006-01-09 02:43 | メンバーから

母親の想い

とにかく 心ならずも離れてしまった娘の様子を
どう過ごしているか詳しく知りたい。
ひとめでいい。たとえ話せなくてもいい。その姿を確認したい。
抱きしめられなくてもいい。ただ 会いたい。
いまどこにいるのか、どうしているのか。
ひとりぼっちでいる時間はないのか、ちゃんと笑えているのか。

「娘がどうしてるか わからないと不安。
そうするともう書類にはんこ押しそうになる。」
昨日の面会時 何度もスージーさんは私に訴えてきました。

重度の知的障害児である我が娘を施設に預けている身としては
その気持ちは痛いほどよくわかります。
学校や施設からのプリントやニュースレターの中に
自分の娘の名前が出ていないかと必死で探し 
やっと探し当てたその一行を何度も何度も繰り返し読み返す。
ああ そう きっとだいじょうぶ、
心優しい人たちが娘を支えてくれているのだからと自分に言い聞かせ
面倒をみてくれる施設の職員さんに感謝しながらも それでもやっぱり心配で。

彼女もきっとそうなのでしょう。
サンドラちゃんを直接間接に支援してくださる皆さんに感謝しながらも
それでもやっぱり ただただ心配で。会いたくて。声がききたくて。

例え目の前にいたって 寒くはないか おなかは空いていないか
子供のことをあれこれ心配したりするのだから。
それが離れていれば なおのこと。


みなさんのたくさんのご署名とお気持ちを事務局で預かっております。
それが有形無形に今の彼女達を支えています。
ほんとうにありがとうございます。

この母娘を穏やかな日常の暮らしに戻したい。ただそう願うのみです。
どうかあなたの力を貸してください。
Reiko.t @SANDRA

署名・募金集約先
[PR]
by sandra_support | 2006-01-06 01:03 | メンバーから

入管面会記

初めて入管に面会に行ってきました。
ご本人と会うまでに二度も身分証明証の提示を求められ、かばんと携帯はロッカーにしまわなくてはなりません。品物や現金を渡すときも袋からとりだされます。
面会室はカードキーで開け、お互いは透明プラスチックで仕切られ、触れ合う事はできません。時間も10分しかなくちゃんとした話はできませんでした。

なぜに人と会うのにこんな理不尽なやり方なのか。

見えないところで何がおこっているのか。

そんな恐ろしい場所で彼女は耐えているのです。精神的な支えとなるためにまた行ってこようと思います。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-05 17:29 | メンバーから

青空

ブルーハーツの青空という歌にこんな詞があります。

産まれたところや皮膚や目の色で
いったいこの僕の何が分かるというのだろう

私は人を区別するということはしたくありません。同じ人間などいない、だからこそひとつの枠にはめないでほしいのです。外国人だからと収容される根拠などない。スージーが青空を見れるようたたかい続けます!
yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-05 06:51 | メンバーから
どうしても私は、誰かを平気で傷つけたり
人を平気で、だましたりしたことなど、一度もない、
善良な人達がある日突然、乱暴に生活の場を奪われること、家族と引き
離されること、生きていく基盤や力を奪われるとに対して、賛成しかね
ます。むしろ、そんなこと絶対にあってはならない、、と考えます。

超過滞在者の人達の中には、自国の経済や政治の状況から、やむに止まれぬ
事情で命からがら、逃げ出すような形で日本に来た人たちが多くいます。
(そうではない人達もいますが。。)
しかも、彼らは、日本で一生懸命に働いているんです。真摯で、一生懸命に
働いて、誰にも迷惑などかけていません。むしろ、その逆。
日本人が敬遠するような過酷な労働をして、日本の底辺を支えているのです。
今回、私達が助けようとしているスージーさん
(仮名)サンドラさん(仮名)親子もそんな人達なのです。

ただ超過滞在者の中には、長期に渡って日本に滞在し、犯罪に手を染めたり、
日本人に多大な迷惑をかけているような人達がいることも確かです。
そのような人達に救いの手を差し伸べる必要はないという主張も理解
できなくはありません。。

でも、、すべての超過滞在者を「犯罪者」として、ひとくくりにしてしまい
彼らの生活の基盤と幸せを奪うのは、どうなのでしょう。
間違っているような気がします。

私も国際ボランティアに携わりながら、何度か耳にしてきた、また
気にかかっていた問題でした。それでも、今まで、「賛否両論」
が、わかれるとてもデリケートな問題であったため、
お恥ずかしいことに、素通りしてきてしまったのです。。。

だからこそ、この機会に「何かをしたい」。そう思いました。
私が海外に滞在していた折、つらいことも差別されたことも沢山ありましたが、
損得関係なしに、私を必死に助けてくださった方々がいらっしゃいました。
だから、私も、日本に住んでいる素敵な外国人の人達のしあわせを応援していき
たいのです。

皆様のご協力をお願い致します。

あかり@SANDRA
[PR]
by sandra_support | 2006-01-04 15:16 | メンバーから

署名お願いします

おかげさまで沢山の方から署名いただいております。1月7日
に第一次集約とさせていただきます。もちろんその後の署名も大歓迎です。皆様のご協力お願いします。
サンドラのデザイナーという夢を追い続けられるために。。
母子離ればなれでなく暖かい普通の生活を取り戻すために。。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-02 13:44 | メンバーから

(夢)デザイナー

先日アパートの片付けに行ったとき、四畳半の部屋の壁には女の子らしい、とても可愛らしい絵がたくさん張ってありました。

コタツの上にのっていた大学ノートを、悪いと思いながらそっと開いて覗き見してしまいました。
こちらにもやはり、可愛らしい服を着た、たくさんの女の子が描かれていました。

このノートの表紙には、こう書かれていました。


(夢)デザイナー


かなえさせてあげたい。
夢をかなえる、チャンスを与えたい。

そんな彼女の「夢ノート」も、無残にゴキブリの糞にまみれていたのでした。


軍事政権下、アジアでも最低の経済水準にあるビルマへ追い出されてしまえば、彼女はデザイナーどころか、学校へ通うことすらできないことでしょう。


皆様方からの熱い応援をお待ちしております。


署名はこちらまでお願いします。

件名: 署名します

本文: 住所、名前



カンパはこちらまでお願いします。

 みずほ銀行渋谷支店 普通 1074903
 郵便振替口座 00160-8-705578

  口座名義:サンドラ母子を支える会 

 
事務局  今関 仁
[PR]
by sandra_support | 2006-01-02 02:52 | メンバーから
いよいよ新年がスタートしました。母子にとっては離ればなれの辛い一年の始まりです。今年は良い年になりますように。
皆様の一層のご支援よろしくお願いします。
署名も募集中です。HPもあわせてご覧下さい。
それでは今年も頑張って行きましょう!
yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-01 07:50 | メンバーから

アパート確保

良かったですね!皆さんのカンパのおかげで帰れる場所が確保できました。もうすぐ新年。サンドラ母子にとって辛い年越しですが来年は良い年でありますように、また母子仲良く暮らせるように応援していきましょう。
yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2005-12-29 19:57 | メンバーから

寒いですね

小学生の頃、雪の中帰宅すると母が暖房をつけて待っててくれました。暖かいのと母がいることにほっとしたものです。
サンドラ母子は離ればなれになってどんなにか心細い事でしょう。
早く親子一緒に暮らせますように。。
yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2005-12-28 10:07 | メンバーから