サンドラ母子を支える会 ブログ版


by sandra_support
カレンダー

<   2006年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ありがとうございます

全国より署名が続々と送られてきてます。心強い限りです。
支援の輪が広がって嬉しい限りです。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-31 11:30

アパート訪問

今日はサンドラとスージーに会いにアパート訪問してきました。が、留守でした(T-T)おかしーなー。。
お菓子といえば、スージーが入管に収容後、アパートの掃除に行った時、お菓子も処分したんです。お菓子好きな私としては心苦しく、今日はお菓子を買って行きました。
会えなかったのでドアの所にメモといっしよにおいてきました。またお菓子持って会いに行きます!

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-30 17:32

署名しましょう!

いよいよ正念場となりました。あとひと月足らずしかありませんが、できるだけ多くの方のご賛同をうけ署名をいただきたいと思います。
是非お知り合いの方にも声をかけてみて下さい。支援の輪を広げましょう。どれだけ集まるか楽しみですね。たくさんの署名で必ず母子の生活を勝ち取りましょう。きっと願いは届くはず。よろしくお願いします!

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-30 09:33

署名第2弾にご協力を!

こんばんは、事務局の今関です。

第2弾の署名をお願いさせていただきます。
前回に引き続きまして、皆さまからのご協力をお願いいたします。


―――――以下署名呼びかけ本文【転載歓迎】―――――

【緊急署名のお願い】      サンドラ(ミンソウセイ)母子を支える会
(構成団体・スープの会 APFS 共住懇 サンドラ弁護団)
                  代表 後藤 浩二

 ビルマ(ミャンマー)国籍のソウソウミンさんは1992年に来日しました。そして日本人男性との間に娘、ミンソウセイ(愛称サンドラ)を出産したのです。しかし、妊娠の事実を知らせる前に、この日本人男性は彼女の前から姿を消してしまいました。ソウソウミンさんは、図らずも非正規滞在者となってしまったのです。残された彼女は、不安の中一人で娘を出産し、額に汗して働き必死でミンソウセイを育ててきました。

 現在、娘は小学校の5年生となり、「サンドラ」と呼ばれ誰からも愛される娘に育ちました。母子は貧しいながらも互いの愛情を実感しながら幸福に暮らしていました。ところが2005年11月5日、ソウソウミンさんは入管法違反で逮捕され、東京入国管理局に収容されてしまったのです。幸い2006年1月17日には仮放免となりましたが、母子に日本で暮らす権利=在留特別許可が認められるかどうかは非常に微妙です。法務省入国管理局も「本件は判断が難しいケースである」と明言しています。

 母子はすでに、日本国内で強固な生活基盤を形成しています。新宿区大久保地域の人々に愛され完全に地域の一員として迎えられています。また11歳の娘ミンソウセイは日本語しか理解できず日本の文化しか知りません。今、母子が軍事政権の支配するミャンマーに退去強制されれば、生きていく術はありません。どうかサンドラ(ミンソウセイ)母子を助けてください。署名いただいた上で、下記の集約先までメールかFAXでお送りください。

 最終集約日は2006年3月6日です。どうかよろしくお願いいたします。


署名送り先 「スープの会」 
東京都新宿区赤城下町53番地  FAX 03-3260-1877 
e-mail sandra_mother@yahoo.co.jp


法務大臣 杉浦正健殿
人道的見地からビルマ(ミャンマー)国籍のソウソウミン、ミンソウセイ母子に在留特別許可を認めてください。日本で暮らすことを認めてあげてください。


住所

名前
[PR]
by sandra_support | 2006-01-30 01:17 | 在留特別許可

今後の展開

昨夜サンドラ母子をまじえて「お帰りなさいパーティ」とともに、今後の展開について話あわれました。
仮放免が3月14日までとなってますので6日をめどに、在留特別許可を求める署名を集めます。また、ワンクリック署名も行う予定です。
地元である大久保地域をはじめ広くよびかけていこうと思っています。

これから正念場です。署名文ができ次第またご報告致します。
さらなるご支援よろしくお願いします。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-25 21:05

ご対面!

サンドラの母、スージーから電話がありました。会いたい、と。私も会いたいです。早速明日会ってきます。塀の外で会うのは初めてでうれしいかぎりです。今後も精神的サポートしていきたいと思います。

それから、ほのぼの企画も進行中です。皆さん、お楽しみに。また報告します。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-23 19:42

新しいほのぼの企画!

いま風まち喫茶でこの文章を書いています。
サンドラ母子を支える会のミーティングなのですが、今日はある企画について話し合っています。

f0026587_2175570.jpg

といっても、難しい話ではありません。
まだ公開できませんが、とてもほのぼのとした雰囲気の中で、とてもほのぼのとした企画の話をしています。

入国管理局(=法務省)との交渉など、とてもシビアな一面もありますが、「サンドラ母子を支える会」はかなりアットホームな雰囲気をもったグループです。

じきにお知らせしますね。
みなさん、楽しみにしていてください。


P.S.
えらそうなことを書きましたが、私は手先がとても不器用で、かつ美的センスもまったくありません。
・・・ので、一生懸命相談&作業している仲間のそばで、黙々とお菓子を食べながらこんなことを書いていたりします。ごめんなさい・・・。




いまさん@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-22 02:20 | 活動ご紹介!

親子

サンドラは今夜から自宅へ戻ることになりました。母子の暮らしがやっと取り戻せました。
本来ならそれが当たり前です。大切な暮らしを奪ったのは誰?
母子は暮らしを取り戻せたものの、心に深いキズを負いました。
これから精神的なサポートができたらと思います。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-20 20:33

母子対面

仮放免により、三ヶ月ぶりに母子は会うことができました。
号泣する母としがみつきおえつする娘。
どんな気持ちだったことでしょう。。
二度とこんなことがおこらないようにこれからも母子のサポートしていきましょう!
yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-18 08:15

仮放免


サンドラのお母さん、昨日仮放免されました!
朝面会に行き、仮放免が認められたことを伝えるとうれし泣きしてましたが、その後弁護士さんのご協力により、その日のうちに自宅へ戻る事ができました。またサンドラとの再会も果たす事ができました。

皆さんのご協力がこうした動きにつながったのだと思います。ありがとうございました。

ただ、あくまでも仮放免であり今後は在留特別許可を求めていく方針です。が、なにはともあれ、自宅に戻る事ができて本人共々ほっとしています。

在特申請にむけて皆様のさらなるご支援をよろしくお願いします。

yukiko@sandra
[PR]
by sandra_support | 2006-01-18 02:45